tondokoro's willとんちゃんの遺言 

人生の楽しみ方を深く追求していくブログです!

政治家とは

政治家が自分の信念を貫き通せなかったら、

私は政治家は政治を辞めるべきだと思っている。

今の世の中を見てると、

一番言いたいことを言わなければならない、

政治家の人達が、

一番言いたいことを言っていないと感じてしまう。

いわゆる保身ばかり気にして、

国民の目を気にしたり、

市民の目を気にしたり、

メディアを気にしたり、

どこか政治というものが、

政治家から政治屋に成り下がっている。

政治屋とはいわゆる個人商売人みたいなもので、

国民の税金でただ飯食っている下衆。

そこらへんの浮浪者と大差ないのではないか。

無能な人が政治をやるべきではないと私は思っているし、

政治家は命がけでやるべきものだと思っている。

それくらいの覚悟がなければ政治なんてできるもんじゃない。

私が一番やりたくない仕事NO.1くらい(笑)。

政治への志が強くなければやれない仕事だと認識している。

そして我がまちの議員さん。

ほとんどがお話をしたことのある顔なじみの人が多い。

しかし正直、みんなどんぐりの背比べに感じてしまう。

際立って自分の意志をはっきり打ち出してる議員さんは、

私の目で見る限りひとりもいないような・・。

一昨日、綾瀬インターチェンジの視察に議員団体でいったことを、

一部の議員さんたちがSNSを使って投稿していた。

普段まったく自分の考えや行動をSNSに投稿しないのに、

こんなある意味くだらないネタでしか投稿できない。

この低レベルさが歯痒いし、

まちの行政に反映している。

先日の一般質問もどこか平凡。

同じような質問・・時間の無駄。

わがまちはもっと様々な解決しなければならない問題を抱えているはず。

その問題を解決、

少しでもいいまちにしていくために、

議員というものは存在するべきであると私は思っている。

そのために何が議員には必要なのか・・・。

それは簡単なこと。

冒頭に述べた、

政治家は自分の信念を貫き通すべき!

この一言に尽きる。

なぜならば政治家は国民、市民の血税

直接、給料として受け取って仕事をしているからだ!

新型コロナ対応で政府のやり方に疑問を抱いていても、

それに対して真向からそれを主張できる議員さんは皆無に近い。

誰もが新型コロナは危険、

ワクチンは打つべき。

そう思ってなくても、

反対できない日本社会の構図になっている。

まさに右にならえ!

 そして、

日本人のほとんどが大きな釜の中のお湯に浸かっている。

その釜の下では黙々と火が焚かれている。

みんなその釜の中が温かくて気持ちいいと勘違いしている。

それが今の現状。

しかしその釜もいつしか沸点を迎える時がやがて来る。

しかしそのことに誰も気づこうとはしない。

最後にはその釜の中のお湯は沸騰し、

その中にいる国民すべてがその熱さで茹で上がって死んでしまうだろう。

この危機的状況に今の日本人が気づかない限り、

日本の未来はかなり危ういはず。

それを理解している政治家もたくさんいるはず。

出る杭は打たれる。

だから誰も出ようとしない。

あのトランプ元大統領でさえ打たれて沈んでしまうのだ。

もはや世界はあと戻りできない方向へ進んでいる?

そんな危機感くらいは、

誰もが持っていてもおかしくはないのでは・・。

 

我がまちの議員さんには信念を貫いてがんばってもらいたい。

愚民も賢民にならなければならない。

そうしない限りのこのコロナの影響で、

ますます社会がおかしくなっていく。

 そんな気がする今日この頃である・・。


f:id:tondokorokun:20210331003921j:image

29日は満月でしたね。

そんな満月を見ながらラン!!