tondokoro's willとんちゃんの遺言 

人生の楽しみ方を深く追求していくブログです!

奴隷国民

一昨日は久々のロータリークラブ例会。

というより今年初の例会開催。

いつもだった日常がこの1年で、

ずいぶんと変わってしまい、

ロータリー活動さえ懐かしく感じてしまうほど。

久々に会うことができたメンバーも多々。

例会は開催できても、

懇親会などを開催するまでに至らない状況。

当分の間、会食や飲食を伴うコミュニティはないだろう。

みんなそれが当たり前と思っている。

完全にメンタルブロックされている。

 

1月初めにはじまった緊急事態宣言。

もう4月になったというのに、

いまだに陽性者数はさほど変わらない。

逆に最近は増えている傾向にある。

その原因は国民の気の緩みだと、

テレビの中のバカコメ達は言う。

戦時中状態にしたいような発言。

これがテレビの正体。

コロナネタは金になるから!

 

 

神奈川県もここ最近は100人前後の繰り返し。

3か月間、飲食店の営業時間制限や、

店側の感染防止対策をもってしても、

決して劇的に減ることはなかった。

閉店が20時から21時になっても変わらない。

これって結果的に、

飲食における影響がなかったことを示しているのでは・・。

しかしテレビやマスコミ報道はいつまでたっても、

不要外出自粛、マスク会食、3密をさけるように、

国民を雁字搦めにしている。

花見酒なんでもし団体でやってたら非国民扱い。

すぐにニュースにされるほどの勢い。

だから誰も花見酒をしない。

桜は黙って静かに鑑賞だって!・・もう笑うしかない。

もはや日本社会は完全に自由を奪われてしまったみたいだ。

それを指示している厚生労働省の一部官僚たちが、

深夜まで団体で飲み会!!

このニュースにはたまげた。

国民の自由を奪っておいて自分たちは無礼講?

所詮日本国民は官僚の奴隷のようなもの。

実際そういう構図になっているのが現実。

今回の騒動はその証明となった。

こんなもんだよ!

官僚の偉い方々の能力なんて!

だからこそ、

こんなくだらないコロナ規制はいますぐやめるべきだ。

今後も一部飲食業界や観光業界は

さらに窮地に追い込まれていくだろう。

官僚や政治家はそんな人達の苦痛など関係ない。

そしてここにきて「まん防?」・・。

これも国民にとっても悪魔のような法律。

しかも即席でできたような法律。

もはや国民は政府の奴隷となったようだ。

もっと怒れよ!日本人!

 

私はどうしても今回のコロナ騒動が、

果たしてここまで大袈裟に規制することなのか、

まったく腑に落ちない。

その疑問を探れば探るほどおかしい・・。

私の身近でさえコロナに感染したとか、

そういう話はほとんど皆無に近い。

一体みんな何に怯えているのか・・。

全くわからない。

マスクをしてマラソンしている人をみると、

逆に心配になってくるほど。

とにかく世の中狂ってきた。

この狂った世の中をどう生きるべきか。

そんなことばかり考えている今日この頃である。


f:id:tondokorokun:20210402024003j:image

桜ももう散りはじめた。

もう春も終わっていく。