tondokoro's willとんちゃんの遺言 

人生の楽しみ方を深く追求していくブログです!

チャンスを活かしてこその人生

うちの会社には20代の従業員が1人いる。

彼は2年間勤めて遅刻なし、

無断欠勤は1回か2回程度。

現場見習いからはじめて2年が経ち、

技術的に向上しているよりも、

きびきびと動くし、

言われたことはちゃんとやる。

現場では非常にまじめなタイプ。

これだけ聞くと何も問題ないかのように思える。

しかし現実、その裏で様々なことがあった。

彼はある施設からの紹介で、

彼を社会的にひとり立ちさせるために、

うちの職場で働かせて欲しいということだった。

とにかく働いてみないと何もわからない。

私はとりあえず承諾し、まずは3か月間雇うことを約束した。

結果、多少の問題はあったが、

非常に勤勉だったのでそのまま採用し現在に至っている。

彼は今までの人生、

様々な人に支えられて生きてきた。

はっきり言えばいわゆる問題児だったのである。

このまますんなり仕事に従事していけば何も問題がないが、

そんな簡単に一筋縄で行くわけがない・・。

彼は今年の夏から、

人生ではじめてひとり暮らしをするまでに至った。

これも様々な方の支援があってこそである。

その支援を裏切るようなことは決してしてはいけない。

彼にはそれを肝に命じて生活するように指導した。

しかし・・

20代の若さ、人生初めての一人暮らし、初めての自由・・。

そんな状況で自分をコントロールすることはなかなか難しい。

仕事はまじめやっているのだが、

プライベート面で大きな歪みが出てきた。

この歪みが彼が窮地に追い込まれる原因となってしまった。

ここで私が彼を見放す(解雇する)か、

もう一度チャンスを与えるか、

そこまで来てしまった・・。

私は様々なことを考慮した結果

そのまま彼を雇っていくことにした。

私が今彼を見放すと、

彼にはその後転落の人生が待っている。

そのことを彼に理解させた。

ここが人生の正念場。

仕事に集中して他人に迷惑かけずに生きること。

そうすれば必ず未来は開けていく。

私は彼に3つの約束をさせた。

この3つのうち、

1つでも約束を破ったら解雇することを告げた。

普通に生活していればとても簡単な3つの約束。

しかしこれが彼にとっては難しいかもしれない。

しかし間違いなくここが彼の人生の岐路となる。

 

まっすぐな普通の道を歩いていく人生。

たとえ寄り道にそれても、

また普通の道に戻ること。

この普通の道こそが最も尊いのだ。

お天道様の下、

堂々と胸を張ってその道を歩けること。

彼の未来に幸あれ!

 

今朝の1枚

f:id:tondokorokun:20201128081847j:image

やっばりい朝陽はいいね!