tondokoro's willとんちゃんの遺言 

人生の楽しみ方を深く追求していくブログです!

原点を知ること

私がほぼ毎日歩いている目久尻川沿い。

会社の目の前にあり、

歩き人間にとってはこれほど恵まれた環境はない。

この川のおかげでさらに楽しくウォーキングできている。

ところでこの目久尻川だが、

座間、海老名、綾瀬、藤沢、寒川、

4市1町を縦断して流れているのだが、

下流に関しては最終的には、

寒川の南にある湘南銀河大橋手前で、

相模川と合流する。

これはずいぶん前にそこまで歩いてみて知ったこと。

しかし上流はどうなっているか。

前から気にはなっていたが、

そこに行ってみようとは思わなかった。

しかし私の変な血が騒いだ。

早速、自宅近くから最も上流最寄りの目久尻川へ。

かしわ台がその場所だった。

そこから上流へ歩いてみた。

約1時間半歩き、

座間の相武台まで辿りついた。

厚木土木事務所が管理している地点に到達。

その写真がこちら。


f:id:tondokorokun:20210228063134j:image


f:id:tondokorokun:20210228063150j:image

しかし、その先にもまだ川がある。

ということでさらに上流へ突き進む。

さてどこにたどりついたと思うか。

私の中では意外だった。

その写真がこちら。


f:id:tondokorokun:20210228063230j:image

写真ではどこか全くわからないと思う。

あえてどこかはここでは言わない。

もし興味がある方がいれば、

ぜひ目久尻川の原点に行ってみては・・。

 

上流目指して歩いた中で気づいたこと、

それは自分という存在の原点(ルーツ)について。

自分の祖先のこと。

家系の歴史を辿れば見えてくるもの。

それは・・。

命はずっと繋がっていること。

この単純明快さ!

世の中って過去も現在も未来も、

全部一直線に繋がっている。

その真っ直ぐな道の途中にいる今の私。

そんな私が今できることは何か。

改めて考えさせられるウォーキングとなった。

ただそこにある道をひたすら歩いてみたからこそ分かった。

 

PS

ちなみに目久尻川上流から相模川合流まで、

歩くと約4時間かかることがわかった!

最後はみんな一つの所にたどり着く。

まさに人生の縮図を感じた一日だった。


f:id:tondokorokun:20210228063329j:image

目久尻川のゴール地点。