tondokoro's willとんちゃんの遺言 

人生の楽しみ方を深く追求していくブログです!

1億総薬漬け社会へさらなる躍進

季節の変わり目に体調が崩れる。

と言われているが、

まさしく今が寒い時期から、

温かい時期への季節の移り変わり時期であり、

私のようなめまい持ちには、

温かくなってきたにも関わらず、

毎年、体調が不安定な時期にさしかかった。

そして昨日の夕方。

いつもの目久尻川沿いを軽くランをしている途中、

その時は訪れた・・。

実に久々のビッグめまい!

もうクラクラで前に進むのもままならぬ状態。

走ることなんかとても無理。

歩いてもまだ会社まで40分はかかる。

意識がどんどん遠ざかっていく。

誰かに頼んで迎えにきてもらおうか・・。

そう思ったが、なんとか気力で会社まで辿り着き、

6年前から飲み続けている薬を飲んだので、

次第にめまいは軽減していった。

そういえばちょうど6年前の今日、

私が回転めまいで倒れた日にちとビンゴ!!

なんという因果なめぐり合わせであろうか。

あの日から今日まで、

私のめまいの気配は完全に消えることは無かった。

主治医から私の体の症状に合う薬を探してもらって、

それを飲んでいるおかげで毎日普通に生活できているが、

実は、

この薬こそが私のめまいが治らないひとつの原因にもなっている。

いわゆる薬にもなるし、毒にもなるという品物である。

この薬の副作用がまさに「めまい」なのだ。

つまり飲んだらめまいに効くが、

この薬を私が飲まない状態にしておくと、

その副作用としてめまいが起きてしまうのだ。

その原因は自律神経の誤作動・・。

かなり厄介な病気なのだ。

それでもこの6年間で少しずつ減薬をしてきた。

それだけ私が飲んでいる薬は依存性が強い。

よって簡単にやめることができない。

この薬は使用規制が非常に厳しい国もあるくらいの品物。

それをいきなり断薬することはまず不可能であろう。

しかしながら、

私もこの薬を生涯飲み続けるわけにはいかないと思っている。

なんとか少しずつでもさらに減らしていきたい。

そして最終的にはやめたいと思っている。

これを克服しない限り、

私の真の健康な生活はない。

昨日、歩きながら意識が遠のく中で、

少し「死」というものが頭に浮かんでしまった。

このまま意識が無くなって死んでしまったら・・。

つい変なことを考えながらも、

足だけが勝手に前に進む。

これで死ぬことはないとわかっていても、

やはりめまいによる体調不良はつらい。

そもそも体に化学物質をいれるなんて、

よくよく考えればよくないこと。

しかし西洋医学が日本に来て以来、

日本人の大半が何かしらの体の症状で、

薬漬けの状態になっているのではないか。

ちょっと血圧が高ければ薬を飲めと言われ、

その後もう薬をやめることはできなくなる。

化学薬品は体を根本から治すものではない。

 

自分の自然治癒力で治すしかない。

さあ薬からの脱却!!

新たなる思いで、

今飲んでいる薬と向き合っていく覚悟。

そして、

今流行りの謎のワクチンを打って、

体に慢性の異変が起こる人がいないことを祈るばかりである。

それでもあなたは打ちますか?

 


f:id:tondokorokun:20210327145304j:image

桜が咲いてきましたね!

しかし

花見宴会もできないご時世・・。

嫌々!!!