あなたのいない世界

映画「イエスタディ」を見てきた。私的にはなかなか面白かった。

ただビートルズファンか、ファンじゃないのかではずいぶん見方が変わると感じた。

あらすじを簡単に言えば、地球上すべてで発生したわずかな停電の間に、

売れないミュージシャンである主人公以外の人類からビートルズという

バンドの記憶が消え去られてしまった。

その主人公は覚えていたビートルズの楽曲を自分の作った歌として歌い、

世界的に有名になっていく!そしてその先にあるものは・・・という物語である。

映画内容的には随所にビートルズの楽曲が聴けるし、主人公の演技も良かった。

それよりも私が思ったのは、ビートルズの歌が存在しない世界の寂しさである。

これは、人が運命の人に出会わずして、その人生を終えてしまうような感覚である。

ビートルスを知らない、興味がない人にとっては

この世にビートルスが存在しようがしようまいが関係がない。

でも子供の頃からビートルズに親しみを感じてた私にとって、

ビートルズが存在しない世界はちょっと考えられないし、

それによって私の音楽に対する興味や考え方も変わっていたと思う。

それよりも、この世に有るものに対してそれを知らず、または知ろうとせずに、

生きることはどこかさびしいと感じた。

人は生きていれば色んな出会いもあれば別れもある。

そんな中で一番大事なことは

人と出会うことよりも、人とどう関わりあうかではないだろうか。

愛情、親しみ、友情・・・・

それを表現することの素晴らしさと表現できないことの寂しさ。

どうせ生きるならば・・・。

 

ネタバレなるから言わないが、

物語途中で登場するある人物が語ったひとつの言葉の中に

この映画の本質(主題)や人の幸せとは何かを垣間見ることができる。

その答えを知りたければ映画を見てね!

 

 

 

なりたい自分になる

なりたい自分になる。 BYとんどころ

 

私ももう来年で50歳。人生の折り返し地点はとっくに過ぎている。

そんな中で、今自分がなりたいものとは何かを考えてみる。

それは、なりたい自分になるということ。

もっと詳しく言えば、自分がなれる可能性のあることはやってみよう!ということ。

仏教の世界では、諦めることは明らかにすることであるという。

諦めるとは決して後ろ向きな言葉ではなく、

諦めることにより、自分がなれる可能性があるものを明らかにするという意味。

これは非常に現実的であり、現実的なものを受け入れ、そこに価値を求める。

今はできてないことでも、努力すればできること。

今自分になくても、気持ちを切れ返れば手に入れることができるもの。

そんなに背伸びをすることはない。

なんせ人生折り返し地点はとっくに過ぎている。

どうあがいても、自分のできることは限られている。

その中で、やれることはやっていく。

そしてなりたい自分になる。

自分らしさ。もう、そういう生き方でいいんじゃない。

でも今より少しずつレベルアップしていきたいよね!?

そんな楽しい気持ち持つこと。

楽しむレベルをあげていく努力はきっと苦ではない。

さて今、自分がなりたい自分とは・・・

まず手始めに増毛でもしてみようかな!笑

 

人生暇つぶし

人生暇つぶし  BYみうらじゅん

 

人はひとりで生まれてきて、いつかひとりで死んでいく。

命を宿った瞬間、無は有となり、死ぬ時、また無に戻る。

もともと無であった物が、今、ここに有である意味。

おそらくその意味は、そんなたいしたことじゃないと思う。

ならば、もともと無なんだから、有であることを楽しむ。

有はいつかまた無に戻るということを知りながら生きる。

そんな生き方ができれば有であることに価値を見出すことができる。

 

自分の存在に色んな形で有であることを示しながら生きる。

××会社の社長の〇〇さん。

××クラブの会長さんの〇〇さん。

××ファンの〇〇さん。

××家のお父さんである〇〇さん。

××マニアで有名な〇〇さん。

一体自分にはどれだけの有として〇〇という顔があるのだろうか。

そこに生きる存在として、有であること見出して生きることがすべてなのか。

反対に・・・

ほとんど誰も自分を知らない。誰も自分に気にかけない。誰からも愛されない・・・

はたしてそれは有と言えるのか・・・

しかし、それもまた有であると私は思う。

他人との対象としてでなく、自分が存在していることを実感できる生き方。

それって簡単なようで難しい。

でもそれが正解なのではないかと私は思う。

 

もともと無いんだし、いずれ無になるんなら、

有である間、そこを何かで埋めていけばいい。

それはできれば楽しいことが多い方が良い。

苦労は買ってでもしないさい!とかよく言う。

だったら苦労を楽しめる人間になればいい。

そんな発想で色んなものを埋めていく。

限られた時間の中で埋めていく。

まるでゲームをするかのように埋めていく。

それが私の考える「人生暇つぶし」への解答とする。

常識の裏の裏

常識の99%はウソである BYホリエモン

 

ということで私が携わっている土建業の常識を疑ってみることにしよう。

二昔前は談合が当たり前だった土建業。しかし時代は変わった。大手ゼネコンは時代の狭間の中で談合と競争を繰り返し、バレて指名停止になったり、停止が解けてはまた競争と談合・・・その繰り返しである。そもそもゼネコン(元請)が公共工事を談合なしでやること自体、疑ってみる必要があるのではないか。入札は競争かつ公正にという常識。この常識により、日本の多くの中小企業の土建業者が潰されてきた。ゼネコン(元請)が競争して低価格で落札したら、そのしわ寄せがくるのはいつも下請の中小企業だったのだ。つまり談合なしの価格競争は、生き残りサバイバルゲームみたいなもんだった。傍観者は入札競争は必要だという。しかし当事者は生死をかけた争いである。特に数年前の民主党時代は酷かった。コンクリートから人へ・・・・まさに人をコンクリートで固めて殺すような政策だった。しかしここ数年、安倍政権に変わり、労務単価が格段とあがり、工事の経費率もあがり、低価格競争であっても、落札できれば一定の利益を得れるまでに回復してきたのは間違いない事実である。しかし、まだまだこの業界は問題山積みである。外国人に頼るほどの深刻な人手不足、若者の肉体労働離れ、労務の高齢化、地域による格差、くじ引き(運)による落札者決定・・・。土木業でも十分な給料が得れるための国として対策が必要である。それでも談合は悪で、競争を強いられていくのか。そろそろ談合は悪だ!価格競争が必要だ!という常識を打ち破っていかなければならない時代に突入したと思うのは私だけだろうか。頭を使う人だけが高収入を得る時代よりも、体を使う人でも負けないくらい多く稼げる時代にしなければならない。(つづく)

忘れ去られていた行間

先週日曜日、TVドラマの「あなたの番です」が最終回となった。私が連続ドラマを見るのは1年に2本くらいであるが、このドラマは本当に面白かった。最終回まで黒幕とされる犯人がわからない展開は見事であり、SNSなどでこのドラマの考察が盛んに行われるほどであった。考察も、ものすごい奥深く考え抜かれたものも多く、ここまでやるんかい!というものがあった。ドラマはシナリオ、演技された以外の部分は存在しない。しかしこのドラマは、その演技されていない部分までもが考察されるという、異例なものが多かった。いわゆる行間を読むという行為である。行間とは想像力であって、この想像力を掻き立てることができる作品こそが傑作とされていることが多い。たとえば私の大好きな百人一首。これも、そこに書かれた言葉の中から、それぞれがその詩の意味を紐解こうとする。そこには時代背景があり、詩をつくった人の感情や人生観があり、その意味をすべて理解できるわけではない。それを我々は想像力を使うことによって、その詩に付加価値を見出す。これが教育というものだと私は思う。


目の前に映るもの。他の人の言動。SNSでの個人への批判、マスコミが伝えるもの・・・。これらはある一面からしか物事を捉えていない。何が正しいのか、間違っているのか、その裏側には何があるのか、決して答えはひとつではない。たとえば私を良い人と思う人がいれば、悪いと思う人もいる。つまり世の中にははっきりと見出せる答えなど何ひとつない。あるとすれば真理のみである。この真理の追究こそが教育であると私は感じる。物事を多角的に見れる能力を養うということである。

 

あなたの番ですのラストシーンは、また謎が多いシーンであった。そのシーンに続きはないと私は思っている。あとは我々がシーンに対して想像してみることが大事なのだ。このラストシーンの続きのシナリオをつくるのが、あなたの番です!ということではないだろうか。

心に響く

連休が開け、今日からまた新たなるスタートとなる。

真の意味で令和の時代のはじまりの日である。

このブログもまた私のライフワークのひとつである。

ということで今日は私の人生において

生涯役に立つであろう仮面ライダーカブトでの

私の心に響いた名言ベスト6を記しておこう。

 

 

子供の願い事は未来の現実 それを夢と笑う大人はもはや人間ではない

 

同じ道を行くのはただの仲間にすぎない 別々の道を共に立って行けるのは友達だ

 

本物を知る者は偽者には騙されない

 

人のものを盗む奴はもっと大事なものを無くす

 

他者のために自分を変えられるのが人間だ 自分のために世界を変えるんじゃない 自分が変われば世界が変わる

 

人は人を愛すると弱くなる けど恥ずかしがる事は無い それは本当の弱さじゃないから 弱さを知ってる人間だけが本当に強くなれるんだ

 

言霊

本日より令和に元号が変わりました。

天皇のはじまりです。

そして

平成天皇、本当にお疲れ様でした。

平成天皇は国民の象徴ではなく、

日本人の誇りです。

 

令和という時代がより良くなるための七つの言葉を

今日は列記しておきます。

これは斉藤一人という人の言葉ですが、

この七つの言葉を毎日に口に出して言うことにより、

自分の心が浄化されていくと私は信じてます。

日本には昔から言霊という言葉があります。

言葉の力が自分を変える。

そして行動が変わる。

そしていつしか世界が良い方向に変わる。

自分という小さな存在が変わらない限り

世界は1mmたりとも動きはしません。

だからこそまずは言葉にしていきましょう。

 

斉藤一人の天国言葉

 

愛してます

ついてる

うれしい

楽しい

感謝します

しあわせ

ありがとう

ゆるします