tondokoro's willとんちゃんの遺言 

人生の楽しみ方を深く追求していくブログです!

鉄は熱いうちに打て!後悔しない人生を

昨日は午後から色々と仕事以外の用事が多かった。

まずは久々に息子が通う小学校へ。

来年40周年を迎えるということで、

実行員会が立ち上がり、

私は委員会顧問役として招かれた。

その理由は30周年の時の実行委員長だったから・・。

本当に月日が経つのは速いものである。

来年もコロナの影響で様々なことが簡略化されそうな気配もあるが、

せっかくやるなら子供たちが喜べるような40周年事業にできればいいと願う。

私も微力ながらお手伝いしていく所存である。

 

夕方からはロータリークラブ例会に参加。

そこで私の22年度会長が内定した。

昨年度やったのにも関わらず、

2年後に再び会長職をやるのは本来あり得ないことだが、

我がクラブの諸事情によりそうせざるを得ない。

会長に指名され、断る理由を考えてみたが、

断る理由が見当たらない・・・。

だから引き受けることにした。

「やれない理由を考えるより、

どうやったらやれるか考えてみる」

これは私の仕事におけるポリシーでもある。

そんな私がやらない理由を考えるわけにはいかない。

はい!喜んで!の精神でやることにした。

引き受けて大変な思いをするのは間違いない。

しかしここで逃げるわけにはいかない。

やれば必ず自分に様々なプレゼントがあるのはわかっている。

そのプレゼントが人生の宝となる。

 

ロータリー終了後、メンバーひとりと会食。

様々な話をした。

最もいい話だったのが

「鉄は熱いうちに打て!」

彼は鉄を加工して物をつくる職業に従事している。

なんと彼は鉄の気持ちがわかるという。

何言ってるの?と思うかもしれないが、

これが本当の話!

鉄がここを打て!と話しかけてくると言う。

これはきっと職人しかわからない技術だと思う。

鉄は熱いうちに打つことによって、

その強度をさらに強くすることができる。

しかし一度冷めてしまってから再び熱しても、

強度も出なければ、

もう二度と思うような形にすることはできないという。

この言葉はよく人生教訓として使われるが、

一番大事なことは、

今しかできないと思うことは今やるしかない!

それを後でやろうしても意味がない。

私がその言葉をそう解釈した瞬間、

胸が少し痛く感じてしまった・・・。

 

彼と別れ店を出た後、ふと歩いていると、

偶然、とある居酒屋のマスターに遭遇。

久々に店に寄らせてもらった。

そこは昔よく通っていた居酒屋。

店内にはロックのアナログレコードが飾ってあり、

私と音楽の趣味が非常に近い。

彼と音楽話をしたら尽きることはない。

そしてマスターの非凡な感性がこれまた興味深い。

30年間テレビを見ていないというし、

FBでは個性的な文章を書いており、

それが毎回私には非常に刺激になっていたが、

最近は書いてないらしい。

帰りがけに共通に好きなバンド、

レッドツェッペリンのCODAというアルバムを

深夜だったが少しだけ大きな音で聴いた。

このアナログ感たっぷりの音。

私が常に音楽に求めている音そのもの・・。

改めてレッドツェッペリンの偉大さに感激した。

 

そんなこんなで昨日は早朝から深夜までぎっちり!!

もちろん、2万歩、ブログ、筋トレ、ゴルフ120球!!

そして仕事もやることはきっちりとやった。

充実した一日が終わり、

またすぐ新しい一日がはじまった。

今日は息子の誕生日。

もう10歳。

これまた時の流れの速さを感じる。

それと共に私の人生も間違いなく終焉に近づいている。

だからこそ今日この日を大切に生きなければならない。

さあ、ブログも書き終わった!

今日も一日を充実させるために

私も、ガ・ン・バ・リ ますよ!!!

 

昨日の1枚


f:id:tondokorokun:20201126080749j:image

ロックが聴ける居酒屋!!

 

他人と比べる人生に終止符を

今日は5時からWALK&RUN。

今日は朝から小雨がぱらつく。

雲で覆われたどんよりした空模様。

なかなか空が明るくなる気配がしない。

今の私の心をまるで映し出したかのように・・・。

空模様と心模様は本当によく似ている。

まさに心模様は移り気、天気そのもの。

それでも私は歩き続ける。

曇っても、また晴れる日がきっと来る。

そう信じて・・・。

今朝の記録。約100分、12000歩。

昨日、夜食べ過ぎた分のカロリーを消費!笑

さあ、気持ちを入れ替えて、

今日も明るく元気に過ごしたい。

 

人生は不公平が当たり前。

 

そう思って生きることが大事。

しかし人はその不公平さに不満を抱く。

他人を基準として生きるとロクなことがない。

疲れるだけ!

キムタクと自分を比べて何の価値があるのか?笑

自分より人間的に魅力のある人、

自分より能力の高い人、

自分より容姿が良い人、

そんな人、この世に五万といる。

そんな人と自分を安易に比べちゃいけない。

自分は自分。

そう思って生きる。

生まれ持った自分の性質をまず知ること。

その自分をまず基準とした生き方をしてみる。

自分は唯一無二のキャラクター!!

それだけも貴重な存在なのだ。

例えその能力が他人より低くてもいい。

というかそれが当たり前。

自分の持つ今のキャラクターの能力をまず基準とすること。

問題はその基準から、

自分をどう高めていくか。

そのためにどう行動するべきか。

そこに他人と比べるものなどひとつもない。

本当に比べなきゃいけないのは常に自分。

以前の自分より少しでも高いところへ行けるかどうか。

自分が挨拶があまりよくできない人間だと思ったら、

ちょっとでも勇気を出して自分から人に挨拶してみる。

そんな努力の積み重ね。

そしてレベル1からレベル2へ成長!!

まさにロールプレイグゲームみたい。

自分の経験値を常に上げていく。

まさに日々成長!!

すべての基準は人ではなく自分。

己に勝つ!

いままで自分ができなかったことが、

どれだけできるようになっていくか。

こんな楽しいゲームは他にない。

 

私も今、

自分という、

基本的に変えようのないキャラクターを、

どう成長、レベルアップさせていけるか。

その旅の途中にいる。

まだまだやるべきことがたくさんある。

これから先

楽しいこと、うれしいこと、

辛いこと、悲しいこと、

色々あって当たり前。

色々あるから人生は素晴らしいものなのだ。

ゲームオーバーの日が誰しもいつか来る。

それまでどう生きるか。

人間は生き様が大事。

まさに生きているうちが花なんだぜ!

 

私は私の思うように生きていく!

それが私という人間なのだから・・

 

今日の1枚

f:id:tondokorokun:20201125084129j:plain

現場から写真送られてきた。

約11mのPC杭を引き抜く作業。

現場は安全第一!!

 

アリのように生きるか、キリギリスのように生きるか

私のPCメールに毎日入ってくる某会社社長さんのメルマガに、

非常に面白いことが掲載されていたので、

一部抜粋してここに書き記す。

イソップ童話の「アリとキリギリス」の話で、

現在3つの物語が存在しているらしい。

 

まずは一般的な物語。

夏の間、アリさんが冬の蓄えの為に一生懸命働いているのに キリギリスはヴァイオリンばかり弾いて 仕事をしていない・・・。 冬になってキリギリスは食べ物に困って アリさんの家に訪ねていく と 「ほら 見てごらんなさい 君は夏の間遊んでいた罰があたったんだ自業自得だ」 と言って追い返す。その後キリギリスは飢えて死んでしまう。

 

次に新人類が考えた後半が変更された物語。

やがて冬になって食べ物に困ったキリギリスは アリさんの家を訪ねた 。トントンとノックしたのに出て来ない。 「おかしいな」と思って 裏に回って家の中を除いてみたら アリさんが倒れていた・・・。 アリさんは夏の働き過ぎで体を壊し 死んでいたのです。 キリギリスはアリさんが残してくれた食料を 食べて冬を過ごしました。

 

最後に新・新人類が考えた後半が変更された物語。

やがて冬になってキリギリスは食べ物に困って、 そこで夏の間しっかり練習しておいた ヴァイオリンのコンサートを 開くことにしました。 そしてアリさんにもチケットを買ってもらいました。そしてその後、キリギリスは多くの収入を得ることのできる音楽家として大成しました。

 

さて皆さんはどう思っただろうか。

最初の物語はまさに昔ながらの発想で、

一生懸命働くことが美徳とされていた時代。

まじめにコツコツと働くことが大事ということ。

もちろん、今の時代でもこれは確かに大切なこと。

しかし時代は変わり、

労働時間の過剰が問題視される世の中となった。

それにより労働時間の改正などが行われてきている。

確かに働き過ぎはよくない。

これまた今の時代で大切なことのひとつ。

さらに時代は変わり、

まじめに働くことがだけが重要ではなく、

いくら収入が少なくても、

自分が将来やりたいことを目指していく。

まさに最後の物語のキリギリスがその典型的タイプ。

昔なら怠け者だと思われていたキリギリスが、

自分の夢を叶えるためにバイオリンの練習をして、

最終的には音楽家として花開く。

 

この3つの物語はどれも、今の時代となれば、

普通に考えられることだが、

昔はアリが褒められ、

キリギリスが貶される時代だった。

しかし時代は変わり、

どんな生き方をしても自由な世の中になってきた。

アリのような生き方も良し、

キリギリスのような生き方も良し。

働くことへの価値観も多様化してきた。

何を選択するかは自分次第で決められる時代。

それはそれでいい。

しかし、私は敢えて言いたい。

最初の物語がやはり基本中の基本。

仕事はまじめにコツコツやることがやっぱり大事!

そして、もちろん働き過ぎは良くない。

そして、最後のお話も大事。

自分をもっと解放させて、

本当に自分がやりたいこと。

自分の人生の目標に向かって生きていくこと。

だからこそ自分を型にはめて生きてはいけない。

人生良い所取りが所詮大事!(笑)

アリの良いところ、

キリギリスの良いところ、

どっちも取り入れながらこれからも生きていきましょ!!

 

参考文献 中鉢建設社長のメルマガ

 

今日の1枚


f:id:tondokorokun:20201124082900j:image

ここでの朝活動は生産性向上します! 

 

ありのままの自分の姿

このブログは自社のホームページにリンクしている。

よって自社の経営者である私が毎日ブログを更新し、

HPに訪れてきて、ブログを見てくださった方に、

少しでも役にたてばという思いで、

私なりの表現方法で書いている。

時にそれにふさわしくないことも書くかもしれないが、

基本、人生をより充実させるためにはどうすべきか、

それをテーマに書いていることをまずもって理解していただきたい。

それと同時に私自身もこのブログを書き続けることによって、

常に前向きに何事にも取り組んでいける人間になりたいと願っている。

 

話は変わるが皆さんは

ありままの自分を曝け出せる相手がこの世にいるだろうか。

この「ありのままの自分を曝け出せる」とは、

自分のすべてを受け止めてくれる人がいることを前提とする。

普段、我々は自分のすべてを他人に曝け出すようなことはほとんどしない。

相手によって自分の本当に思っていること言わなかったり、合わせたり、

上下関係により余計な気遣いをしてみたり、

仕事関係では仕事と割りきって付き合ったり、

相対する人によって自分の装い方を変えていく。

これはこの社会を生きていくうえでは当たり前のこと。

家族にさえも、ある程度の気を使いながら生活するのが当たり前な時代。

そんな人間関係の中で唯一本当の自分を曝け出せる、

つまり、自分の心の底から思っていること、

自分の弱ささえも理解してくれる人、

お互いにそれらを言い合える人が果たしてこの世にいるかどうか。

そういう人が私は人生の中で、

ひとりでもいてくれたらいいなと感じている。

しかし残念ながらそういう人はなかなかいないものだ。

大親友と呼ぶような人がその類に相当するのかもしれないが、

残念ながら私にはそういった大親友はいない。

だから常に自分の中にどこか「孤独」というものがつきまとう。

しかし、その孤独感が癒される瞬間が時としてあることも事実だ。

それは自分をすべて曝け出さずとも、

どこか一部でも心が通じ合っている感覚を相手の心の中に見出した時、

あっ!この人とは共鳴しているなと感じる。

それだけで心が癒される。

すべてが自分と同じ感覚の人はこの世にいない。

いないからこそ、心が共鳴する部分を大切にしたい。

共鳴するものがあればその人との距離は少し近く感じる。

そんな積み重ねが自分を徐々にありのままに曝け出すことに近づいていく。

一見メンタルがめちゃ強そうな人がいるが、

絶対的な強さなど人間にあるはずがない。

人間の心は裏表一体でひとつになっている。

心の強さの裏に心の弱さも必ず持ち合わせている。

つまり誰もが繊細な心を持ち合わせているということ。

そこを理解すること。

人間の心の不完全さ。

その不完全さを受け入れる。

人間はそんなに強い生き物ではない。

時として脆く崩れ落ちていくこともある。

それを理解すること。

そうすればきっと人は人を受け入れることができる。

お互いの脆さも認め合うこと。

そして大事なのが、

そこから自分を奮い立たせていくこと。

自分を成長させていきたい気持ちにシフトさせていくこと。

そこをお互いに共有していければ、

きっと素晴らしい人間関係が築けるようになると私は信じている。

 

今朝の日の出。


f:id:tondokorokun:20201123090942j:image

この日の出を隣で一緒に見てくれる人がいればさらにいいね!!

 

毎日ちょっとだけでもやれることをみつける

 

急がず、そして休まず BY ゲーテ

 

今日は日曜日。

特にこれといった予定はないが、

仕事が休みなので、その分時間がある。

その時間をどう使おうか。

そんなことを考えながらこのブログを書いている。

 

それにしても時間の使い方(考え方)って、

本当に人生において大切なこと。

昨日、ゴルフ毎日練習宣言したが、

例えばたった毎日5分だけ、

クラブを握ってスイングするとする。

1年で5分×365日=1825分。

これだけやればスコアが2つくらいアップするのでは・・

さらに10年毎日続けたとする。

すると300時間したことになる。

しかも毎日、地道にコツコツとである。

これができればもっとスコアは良くなるはず。

というより続けるということが大切で、

1日どれだけの時間を費やしたかではなく、

1日少しでも時間を費やしたか。

そちらが重要なのではないか。

そう考えれば、時間の使い方がうまくなるはず。

自分のやりたいことに必ず毎日時間を使う。

毎日これだけはやっておきたいというものを最優先させる。

ただそれだけ。

問題は毎日1分でもやりたいことがあるかどうか。

それを見つけて継続することができるか。

もうなんでもいい。

英会話だって1日ちょっとの時間だけ勉強する。

その積み重ねがいつか実を結ぶ。

そう信じること。

 

時間とは消費するものでなく、積み重ねるもの

 

この考えで時間を使っていく。

 

最初に書いたゲーテの言葉、急がす休まず。

どれだけ長い目で物事を捉えるか。

 

100cmずつ進む人は挫折する

1cmずつ進む人は成し遂げる

 

何かに挑戦しても途中で挫折してしまうことがある。

自分にはできないとあきらめてしまうことがある。

しかし、何事も急がず休まず。

今日うまくいかなくても、明日はうまくいくかもしれない。

明日うまくいかなくても、明後日うまくいくかもしれない。

とにかく少しずつでも前を目指して進んでいく。

そんなものを自分の中でつくりあげていく人生。

どこか楽しく感じるのではないか。

 

本当に凄い人がいるならば、

それはずっとひとつのことを続けてできる人。

それをするのに才能などいらない。

誰だってやればできる。

 

 

さあ、今日はどんな時間を自分に積み重ねていこうか・・。

 

今日の1枚


f:id:tondokorokun:20201122064026j:image

夢と希望にむかってまずは出発しないとね!!

 

 

 

ゴルフの目標を決めました

昨日は6つのロータリークラブの合同ゴルフコンペ。

コロナ禍なので開会式もなければ表彰式もなかった。

まあ、仕方がないと言えばそれまでが、

ちょっと味気ないコンペとなった。

それでも一緒にラウンドしたメンバーと楽しくプレーすることができた。

アルコールを入れて楽しくやるゴルフも良いが、

プレーに集中するゴルフも楽しかった。

昨日一緒にプレーしたメンバーが、

めちゃくちゃうまい。

その人の打ち方をよーーく観察してみた。

まずもって毎回同じ降り方。

安定感抜群!

ブレない打ち方。

なるほど!かなりヒントになった。

私も私なりのひとつの形をつくる。

それができれば私も必ず安定したゴルフができるようになる!

そう昨日確信した。

そのためには毎日1回でもいいからクラブを握って振ること。

ここが私のスタート。

 

とにかく毎日必ずゴルフクラブを握って降る

 

これが私の新たなる毎日のノルマ!!

 

あとはプレー中のお酒が問題・・笑

昨日は飲酒前の前半は52。

お昼休憩がなんと1時間半・・

そりゃ飲みますわ!笑

結果、飲酒後後半は62・・・・

こんなもんですよ・・・。

まあいずれにせよ、

楽しいゴルフをやる!

これだけは忘れずにやっていく!

 

ゴルフ生涯目標設定 90

さて何年後に達成できるんだろうか・・。

でも目標があるゴルフもいいかも!!

 

昨日の朝


f:id:tondokorokun:20201121172636j:image

なんか神秘的な朝でした。

 

 

 

幸せを感じることができるアンテナを建てよう

今日は早朝からゴルフコンペ。

よって朝4時に起きて、

日常とは全く違う動きをしている。

そしてこのブログも朝早くから書いている。

毎日毎日ブログを書くって、

簡単なようで結構難しいものだ。

毎日、たくさんの時間があれば余裕だが

限られた時間しか我々には与えられていない。

そんな中でブログを書くための時間をきっちりとつくること。

そして常にアウトプットを心掛けること。

この2つが重要となる。

しかしこれまた私の修行である。

これからも時間をいかに有効につかっていくか。

人生とはそこを意識していくことが大切。

 

今日は幸せについてちょっと書いてみる。

幸せとは誰にとっても人生のひとつの重要なテーマと言える。

よってこのブログにも幸せについて、

今までたくさん書いてきた。

ということで、

今日は作家の小林正観氏の言葉を紹介する。

 

”為し合わせ”という言葉が、

”幸せ”という言葉の語源になりました。

つまり、幸せとは、

お互いに”してあげあう”ことを言うのです。

 

なるほど!

幸せってどこか自分が幸せになることだけを意識しがちだが、

実は他人を幸せにしてあげることが、

本当の意味での幸せだということを

この言葉は私たちに教えてくれる。

この”お互い”という所が大切で、

これは相手の幸せのために、

自分が何かをその人にしてあげたい。

そう思うことが大切で、

そしてその相手もまた、

自分のために何かをしてあげたいと思っている。

その気持ちの繋がりを、

人は”愛”と呼んでいるのではないか。

そしてそこに幸せというものがあるのでは・・。

 

”愛”って普段そんなに意識して生きていないが、

実は日常の至る所でその愛は発揮されているのかも。

ほんのちょっとの気遣いや、

こういったら相手が喜ぶだろうな!とか、

こんなこと言ったら傷つくだろうな!

なんてことを考えながら結構我々は生きているものだ。

家でも会社でもプライベートでも、

至るところで相手の気持ちを考えながら生きる。

それが為し合わせであり、

結果、相手の幸せや自分の幸せに繋がっていく。

どこか晴れ晴れした気持ち。

そんな気持ちを毎日感じて生きること。

これって大事。

とかく我々はネガティブなことばかり考えてしまう。

そういう時も必ずある。

しかし基本は常に、

幸せを感じることができるアンテナを自分自身に建てて、

毎日を生きた方がいいに決まっている。

さあ、今日も楽しく有意義な一日を送ろう。

誰かさんの幸せのために!

そして自分の幸せのために!

 

昨日1枚


f:id:tondokorokun:20201120060053j:image

仕事で高幡へ!

高幡と言えば高幡不動尊

私にとって最も縁のある仏閣かな!

過去に何度きたことか・・

ということで現場の安全を祈願してきました。


f:id:tondokorokun:20201120060120j:image

紅葉もきれいでした。


f:id:tondokorokun:20201120060130j:image

高幡城址後からの風景。

どこか懐かしく感じる。