tondokoro's willとんちゃんの遺言 

人生の楽しみ方を深く追求していくブログです!

奴隷国民

一昨日は久々のロータリークラブ例会。

というより今年初の例会開催。

いつもだった日常がこの1年で、

ずいぶんと変わってしまい、

ロータリー活動さえ懐かしく感じてしまうほど。

久々に会うことができたメンバーも多々。

例会は開催できても、

懇親会などを開催するまでに至らない状況。

当分の間、会食や飲食を伴うコミュニティはないだろう。

みんなそれが当たり前と思っている。

完全にメンタルブロックされている。

 

1月初めにはじまった緊急事態宣言。

もう4月になったというのに、

いまだに陽性者数はさほど変わらない。

逆に最近は増えている傾向にある。

その原因は国民の気の緩みだと、

テレビの中のバカコメ達は言う。

戦時中状態にしたいような発言。

これがテレビの正体。

コロナネタは金になるから!

 

 

神奈川県もここ最近は100人前後の繰り返し。

3か月間、飲食店の営業時間制限や、

店側の感染防止対策をもってしても、

決して劇的に減ることはなかった。

閉店が20時から21時になっても変わらない。

これって結果的に、

飲食における影響がなかったことを示しているのでは・・。

しかしテレビやマスコミ報道はいつまでたっても、

不要外出自粛、マスク会食、3密をさけるように、

国民を雁字搦めにしている。

花見酒なんでもし団体でやってたら非国民扱い。

すぐにニュースにされるほどの勢い。

だから誰も花見酒をしない。

桜は黙って静かに鑑賞だって!・・もう笑うしかない。

もはや日本社会は完全に自由を奪われてしまったみたいだ。

それを指示している厚生労働省の一部官僚たちが、

深夜まで団体で飲み会!!

このニュースにはたまげた。

国民の自由を奪っておいて自分たちは無礼講?

所詮日本国民は官僚の奴隷のようなもの。

実際そういう構図になっているのが現実。

今回の騒動はその証明となった。

こんなもんだよ!

官僚の偉い方々の能力なんて!

だからこそ、

こんなくだらないコロナ規制はいますぐやめるべきだ。

今後も一部飲食業界や観光業界は

さらに窮地に追い込まれていくだろう。

官僚や政治家はそんな人達の苦痛など関係ない。

そしてここにきて「まん防?」・・。

これも国民にとっても悪魔のような法律。

しかも即席でできたような法律。

もはや国民は政府の奴隷となったようだ。

もっと怒れよ!日本人!

 

私はどうしても今回のコロナ騒動が、

果たしてここまで大袈裟に規制することなのか、

まったく腑に落ちない。

その疑問を探れば探るほどおかしい・・。

私の身近でさえコロナに感染したとか、

そういう話はほとんど皆無に近い。

一体みんな何に怯えているのか・・。

全くわからない。

マスクをしてマラソンしている人をみると、

逆に心配になってくるほど。

とにかく世の中狂ってきた。

この狂った世の中をどう生きるべきか。

そんなことばかり考えている今日この頃である。


f:id:tondokorokun:20210402024003j:image

桜ももう散りはじめた。

もう春も終わっていく。

政治家とは

政治家が自分の信念を貫き通せなかったら、

私は政治家は政治を辞めるべきだと思っている。

今の世の中を見てると、

一番言いたいことを言わなければならない、

政治家の人達が、

一番言いたいことを言っていないと感じてしまう。

いわゆる保身ばかり気にして、

国民の目を気にしたり、

市民の目を気にしたり、

メディアを気にしたり、

どこか政治というものが、

政治家から政治屋に成り下がっている。

政治屋とはいわゆる個人商売人みたいなもので、

国民の税金でただ飯食っている下衆。

そこらへんの浮浪者と大差ないのではないか。

無能な人が政治をやるべきではないと私は思っているし、

政治家は命がけでやるべきものだと思っている。

それくらいの覚悟がなければ政治なんてできるもんじゃない。

私が一番やりたくない仕事NO.1くらい(笑)。

政治への志が強くなければやれない仕事だと認識している。

そして我がまちの議員さん。

ほとんどがお話をしたことのある顔なじみの人が多い。

しかし正直、みんなどんぐりの背比べに感じてしまう。

際立って自分の意志をはっきり打ち出してる議員さんは、

私の目で見る限りひとりもいないような・・。

一昨日、綾瀬インターチェンジの視察に議員団体でいったことを、

一部の議員さんたちがSNSを使って投稿していた。

普段まったく自分の考えや行動をSNSに投稿しないのに、

こんなある意味くだらないネタでしか投稿できない。

この低レベルさが歯痒いし、

まちの行政に反映している。

先日の一般質問もどこか平凡。

同じような質問・・時間の無駄。

わがまちはもっと様々な解決しなければならない問題を抱えているはず。

その問題を解決、

少しでもいいまちにしていくために、

議員というものは存在するべきであると私は思っている。

そのために何が議員には必要なのか・・・。

それは簡単なこと。

冒頭に述べた、

政治家は自分の信念を貫き通すべき!

この一言に尽きる。

なぜならば政治家は国民、市民の血税

直接、給料として受け取って仕事をしているからだ!

新型コロナ対応で政府のやり方に疑問を抱いていても、

それに対して真向からそれを主張できる議員さんは皆無に近い。

誰もが新型コロナは危険、

ワクチンは打つべき。

そう思ってなくても、

反対できない日本社会の構図になっている。

まさに右にならえ!

 そして、

日本人のほとんどが大きな釜の中のお湯に浸かっている。

その釜の下では黙々と火が焚かれている。

みんなその釜の中が温かくて気持ちいいと勘違いしている。

それが今の現状。

しかしその釜もいつしか沸点を迎える時がやがて来る。

しかしそのことに誰も気づこうとはしない。

最後にはその釜の中のお湯は沸騰し、

その中にいる国民すべてがその熱さで茹で上がって死んでしまうだろう。

この危機的状況に今の日本人が気づかない限り、

日本の未来はかなり危ういはず。

それを理解している政治家もたくさんいるはず。

出る杭は打たれる。

だから誰も出ようとしない。

あのトランプ元大統領でさえ打たれて沈んでしまうのだ。

もはや世界はあと戻りできない方向へ進んでいる?

そんな危機感くらいは、

誰もが持っていてもおかしくはないのでは・・。

 

我がまちの議員さんには信念を貫いてがんばってもらいたい。

愚民も賢民にならなければならない。

そうしない限りのこのコロナの影響で、

ますます社会がおかしくなっていく。

 そんな気がする今日この頃である・・。


f:id:tondokorokun:20210331003921j:image

29日は満月でしたね。

そんな満月を見ながらラン!!

 

 

どうしたら自分の好きな人生を歩けるか

好きなことだけして生きていく。

 

これは誰でもそう思うことなのかも。

しかし実際の生活はそうではなく、

色々なことを我慢しながら職場で働いていたり、

家庭においても様々な問題を抱えていたり、

好きなことだけして生きていくなんて、

夢のまた夢だと思っている人も多いかもしれない。

私も自分の好きなことだけして生きたいと思いながらも、

それが実際に実現できていない所もある。

現実的に無理ではないか?と思う所もある。

しかしちょっとその発想を変えて考えてみる。

それは

どうやれば好きなことだけして生きていけるか。

これくらいは考えてみる余地があるのでないか。

自分でそれを考えて、

自分が好きな生き方をひとつでも実践してみること。

これが大事なのではないか。

例えば、

お金に縛られてお金のことしか考えられなくなっている人。

そんな自分が嫌でたまらない人は、

どうやって生きればお金に縛らなくてもいい生き方ができるのか。

人生でお金が果たしてそんなにも大事なものなのか・・

それらを考えてみて思考の変換や行動を変えてみる。

 

例えば、

好きな人とだけ付き合って生きていきたいと思うなら、

人の付き合いにおいて自分が会いたくもない人や嫌いな人、

そういう人たちと付き合わざるを得ない人生を送らずに、

どうやれば自分が好きな人達とだけで生きているか。

その方法を考えてみる。

正直、自分が会いたくもない人や嫌いな人と付き合う時間は

非常に人生の時間を無駄にしている。

好きな人と付き合うだけの人生が、

好きなことだけして生きていくことに繋がっていく。

 

人生には限りがある。

どうそれを無駄にしながら生きずに、

好きなことだけして生きていけるか。

それをひとつひとつ行動に変えて良ければ、

一歩でもそこに近づけるかもしれない。

人生いくらでもやり直しができる!

そう思うことも大事。

さて、今日はどんな好きなことして生きていこうか。

そんなことを考えて生きてみることもまた、

楽しい生き方のひとつと言えるではないか。

 


f:id:tondokorokun:20210330051003j:image

桜が満開に近くても、

世間はいまだに自粛中モード強制され中。

本当にそんな生き方で良いのか・・?

みなさん正月からご愁傷様ですね・・。悲

経営者の孤独を埋めるものとは

経営者には孤独がつきもの。

これは私が入社当時から聞かされてる言葉。

経営者が他の社員と同じ目線であってはならない。

同じになった瞬間、会社はマイナスへと傾いていく。

雇う側と雇われてる側のギャップを理解しておく。

そこで生まれる考え方の差違も受け止める。

会社経営を維持するということの難しさ。

とどのつまり経営者は孤独なのだ。

その観点なくしてその立場はあり得ない。

人の感情というものは難しい。

その感情に流されて会社を経営することもまた危険である。

そんな中で一番大事なこと。

これは私の考え方。

少しでも会社に利益を出して、

社員の給与やボーナスに反映させていくこと。

義理人情をスローガンに会社運営をしても、

所詮会社が利益を出さなければ身もふたもない。

だから私は仕事を生むための行動をこれからもしていく。

雑な言い方をすれば、

仕事さえあればなんとかなる。

批判をくらいそうな考えではあるが、

これは私の経験上の仕事の基本的考え方。

この最低限度のことを最高重要項目として、

私は今後も行動していく。

 

私もまだまだ成長過程。

100人の私に対する注文を100%返せることは不可能。

そんな中でも、

信頼関係のある人達とだけは、

これからもきっちりと、

繋がっていければいいと思っている。

繋がっている人とは何があっても切れないもの。

それを宿命という。

人生はそんなに長くはないのだから・・・。

 

今日の1枚
f:id:tondokorokun:20210328043738j:image

綾瀬市目久尻川

唯一川下まで降りれる個所。

今日も1日2万歩だけやめることができない。

これが私の生きる道

 

1億総薬漬け社会へさらなる躍進

季節の変わり目に体調が崩れる。

と言われているが、

まさしく今が寒い時期から、

温かい時期への季節の移り変わり時期であり、

私のようなめまい持ちには、

温かくなってきたにも関わらず、

毎年、体調が不安定な時期にさしかかった。

そして昨日の夕方。

いつもの目久尻川沿いを軽くランをしている途中、

その時は訪れた・・。

実に久々のビッグめまい!

もうクラクラで前に進むのもままならぬ状態。

走ることなんかとても無理。

歩いてもまだ会社まで40分はかかる。

意識がどんどん遠ざかっていく。

誰かに頼んで迎えにきてもらおうか・・。

そう思ったが、なんとか気力で会社まで辿り着き、

6年前から飲み続けている薬を飲んだので、

次第にめまいは軽減していった。

そういえばちょうど6年前の今日、

私が回転めまいで倒れた日にちとビンゴ!!

なんという因果なめぐり合わせであろうか。

あの日から今日まで、

私のめまいの気配は完全に消えることは無かった。

主治医から私の体の症状に合う薬を探してもらって、

それを飲んでいるおかげで毎日普通に生活できているが、

実は、

この薬こそが私のめまいが治らないひとつの原因にもなっている。

いわゆる薬にもなるし、毒にもなるという品物である。

この薬の副作用がまさに「めまい」なのだ。

つまり飲んだらめまいに効くが、

この薬を私が飲まない状態にしておくと、

その副作用としてめまいが起きてしまうのだ。

その原因は自律神経の誤作動・・。

かなり厄介な病気なのだ。

それでもこの6年間で少しずつ減薬をしてきた。

それだけ私が飲んでいる薬は依存性が強い。

よって簡単にやめることができない。

この薬は使用規制が非常に厳しい国もあるくらいの品物。

それをいきなり断薬することはまず不可能であろう。

しかしながら、

私もこの薬を生涯飲み続けるわけにはいかないと思っている。

なんとか少しずつでもさらに減らしていきたい。

そして最終的にはやめたいと思っている。

これを克服しない限り、

私の真の健康な生活はない。

昨日、歩きながら意識が遠のく中で、

少し「死」というものが頭に浮かんでしまった。

このまま意識が無くなって死んでしまったら・・。

つい変なことを考えながらも、

足だけが勝手に前に進む。

これで死ぬことはないとわかっていても、

やはりめまいによる体調不良はつらい。

そもそも体に化学物質をいれるなんて、

よくよく考えればよくないこと。

しかし西洋医学が日本に来て以来、

日本人の大半が何かしらの体の症状で、

薬漬けの状態になっているのではないか。

ちょっと血圧が高ければ薬を飲めと言われ、

その後もう薬をやめることはできなくなる。

化学薬品は体を根本から治すものではない。

 

自分の自然治癒力で治すしかない。

さあ薬からの脱却!!

新たなる思いで、

今飲んでいる薬と向き合っていく覚悟。

そして、

今流行りの謎のワクチンを打って、

体に慢性の異変が起こる人がいないことを祈るばかりである。

それでもあなたは打ちますか?

 


f:id:tondokorokun:20210327145304j:image

桜が咲いてきましたね!

しかし

花見宴会もできないご時世・・。

嫌々!!!

 

人口減少は本当に問題なのか

日本は少子高齢化の時代に突入している。

これからますます人口は減っていくことだろう。

日本の人口減少を問題視する人も多いが、

果たして本当にそうなのだろうか・・。

常識を疑ってかかれば、

なぜ人口減少が問題なのか。

それって日本の経済面しかみていないのでは。

最近はAIの発達により、

人間の手を借りなくても、

コンピュータが人間の力を借りずに、

その代役として様々なことができる時代になってきた。

その身近な例としては、

スーパーやコンビニのレジ。

直接店員さんとお金をやりとりしなくていい。

そんな店が多くなってきた。

自動支払機の導入により、

レジ支払いの簡素化ができ、

それだけレジに携わる人がいらなくなる。

これはほんの一例で、

今後益々、こういった形で、

AI技術がどんどん進み、

人間の力が不必要な時代になっていくだろう。

さて人口の話に戻るが、

そんな中で日本が人口を本当に維持する必要があるのか。

会社でもそうだが、

社員や作業員の数が少なくなれば、

それなりの会社経営にシフトさせていく。

少ないならば少ないなりにやりくりしていく。

日本人労働者がいなければ、

外国人を雇用しているような時代。

そして会社を存続させ利益を確保していく。

日本が現在の人口を維持する理由、

その具体的なものなど実はなく、

人口減少ならその数に合わせた経済にしていけばいい。

私はそう思っているし、

もう昔のような日本の会社や家族の在り方が、

これからも重要視されるとは思っていないし、

生き方そのものが変わってきているのだから、

多種多様な考えのもとで、

この日本という国が今後動いていく。

時代は明らかに変わりつつある。

 

現在の世界の人口が77億人。

あと30年で100億人に達すると言われている。

果たして地球環境を考えた時、

100億人の人間を支えることができる地球なのか・・?

地球にも限界があるし、

人口が増加することによって、

自然界のバランスも崩れていく。

人間はずって自然に寄り添っていきてきたが、

この100年くらいで、

そのバランスは完全に崩れ去ってきた。

このままの状況であれば間違いなく、

いつか自然という資源はなくなる。

その時、人間は生命を維持できるのか・・。

地球環境、自然を維持するために、

人間が淘汰されていく時代へ。

その時とは、

今がこの時と言えるのではないか!?

この時、日本は・・。

そしてあなたは・・。

もうすでに淘汰ははじまっている!

勘のいい人はその意味わかるでしょ?


f:id:tondokorokun:20210327072034j:image

昨日久々にコメダへ!

私にとって心の充電の場のひとつ。

 

生き辛い世の中になってきたね!

あなたはコロナ対策にワクチンをうちますか?

私ははっきりNO!

どこからか非国民だ!

という声が聞こえて来そうだが、

そもそも日本人で新型コロナに、

感染したとされている人数は、

約1年間で40万人程度。

感染する確率は人口比で約0.3%

簡単に言えばほとんどの日本人が感染していない。

しかも感染したとされる人のほとんどが無症状。

これってそんなに恐ろしいウイルスと言えるのか・・。

そんなに大騒ぎするほどの伝染病なのか。

私にはどうしても疑問に感じてしまう。

そもそも新型コロナの正体って、

いまだにはっきり解明されていないはず。

どんなウイルスが新型コロナというものなのか。

そして新型コロナを簡単に特定できるほど、

PCR検査というものは精度が高いものなのか。

どう考えても疑問が残る。

毎年流行風邪というものがあるが、

ただその一種に過ぎないのではないか。

そもそもウイルスって体内で変異するものなのではないか。

様々な疑問がある。

そして日本に輸入されたワクチンも、

特定のウイルスに対して適確に効果があるのか。

その証明となるデータがあるのか。

副作用があった人の実例の発表をしているのか。

メディアは副作用についてきっちり伝えているのか。

もうここまで来るとワクチンって何よ?って考えてしまう。

まして人間の持つ遺伝子に変化を起こすようなワクチンなんで、

私は怖くて打てない。

通常、数年かけてできるワクチンが

即席ラーメンのように簡単につくられ、

その得体のしれない化学物質を体内に注入する。

正直、頭おかしいんじゃないの?のレベル。

それを全く伝えないテレビや新聞の報道。

そこに100人いて、その100人が感染していないのに、

その100人にワクチンを打たせようとする。

日本人はもっと冷静に考えるべきではないか。

たとえワクチンをうったとしても、

体に何の影響もないかもしれない。

実際、今コロナとされているウイルスに効くかもしれない。

しかし、すべて、「かもしれない」という前提だ。

そんなものとても私は使う気になれない。

そのうち政府はワクチンをうたない国民への、

罰則や海外渡航を禁止するかもしれない。

もはや今の日本国家はそれをやり兼ねない。

国の命令で緊急事態が宣言されれば、

すべてそれに従わなければならない法案も、

即席で可決された。

一体日本は、世界はどこへ向かっているのか。

緊急事態宣言が解除されても、

さほど何も変わらない生活スタイル。

もはやもとの生活に戻す気は政府には毛頭ない。

ただの政治家の保身だけにしか思えない。

そこまでしてオリンピックがやりたいのか?

もしまた感染者が増加したら、

政府や各都道府県知事はその責任を負わなければならない。

それが嫌だから、さらに自粛や制限を呼び掛ける。

責任をとりたくないから、

こんな生活を今年当初から今日まで国民に強いている。

まったくおかしな世の中になった!

これからどんどん世の中は変わっていく。

もっと生きずらい世の中になっていく。

自由狩り、超監視社会のはじまり・・。

となれば、

私は国の方針のすべてに対して従うことはしない。

独自の生活スタイルを築いていく。

そうしないと私の寿命は確実に縮まる。

残りの人生。

自分が生きたいように生きる。

日本がだめなら海外居住でもいいじゃん!

くらいの覚悟はある!

 

先週の1枚

f:id:tondokorokun:20210326100535j:image

宮ケ瀬ダムのつり橋へ